審美歯科 熊本県八代市 歯科 歯医者

0965-31-0550

熊本県八代市松江城町4-32 【八代城跡となり】

TOP
診療について
審美歯科 歯周病
クリニック案内
FAQ
インプラント
審美歯科 Aesthetic Dentistry
〒866-0862 熊本県 八代市 松江城町4-32 1F
竹田歯科医院
熊本県八代市松江城町4-32
【八代城跡となり】
TEL.0965-31-0550
FAX.0965-31-0550
バーコード対応携帯でモバイルサイトにアクセス ※一部未対応機種もございます。
Takeda CT Implant Center 竹田CTインプラントセンター

竹田CTインプラントセンター【熊本】はこちら >>

竹田歯科医院blog

竹田歯科医院ブログ【熊本】はこちら >>

リンク集

リンク集ページはこちら >>

TOP > 審美歯科

審美歯科治療

補綴で審美治療

最近では多くの患者様が、ただ咬めるというだけではなく、「自然な感じで歯を入れたい」「白くきれいな歯を入れたい」と望まれています。
当院では、このような場合セラミックという材質を用いた治療を行っております。

セラミックの特徴

  • セラミックの特徴
  • 変色しない。
  • 天然歯の色調を再現出来る。
  • プラークが付着しにくく、歯肉にやさしいので理想的な歯肉の形態を作りやすく、より自然な仕上がりになる。
  • オールセラミッククラウン

セラミッククラウンには主に2つの種類があります。
1つは、金属を使用せずセラミックだけで作られた、オールセラミッククラウンです。
もう1つは今まで広く用いられてきた方法の、金属のフレームにセラミックを焼き付けたセラモメタルクラウン(メタルボンドクラウン)です。

1.オールセラミッククラウン

金属を使用していないので、光を透過させ自然な色調の再現が可能となりました。

オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン
2.セラモメタルクラウン

今までは広く用いられていた方法です。

セラモメタルクラウン セラモメタルクラウン

2つの冠の大きな違いは、金属を使用しているか、していないかということです。

オールセラミッククラウンの特徴は

  • 変色しない。
  • 金属を使用していないので、光を適度に透過させるので、天然歯に最も近い色調を自然に再現出来るとともに、さし歯特有の冠の周りの歯肉が黒っぽく見えることもない。
  • 金属アレルギー等の心配もなく、身体にやさしい。

このようにオールセラミッククラウンの治療は、現在、最も自然で美しい歯を再現出来る補綴治療法といえます。
当院では患者様が望まれる、美しい口元にするために、レントゲン写真、お口の写真、歯の模型等を用いて審査を行い、適切な治療を提案し、進めていきます。
では、実際の治療を見てみましょう。

オールセラミッククラウンの特徴

(1)術前の状態です。
レントゲン写真、お口の写真、歯の模型等を用いて審査をします。

オールセラミッククラウンの特徴

(2)この患者様では、まず仮歯に変えて、歯ぐきの治療と根の治療を行いました。

オールセラミッククラウンの特徴

(3)根の治療を行った後は土台(コア)を入れますが、オールセラミッククラウンの場合は土台も金属を使用せず、ファイバーコアを入れていきます。

オールセラミッククラウンの特徴

(4)プロビジョナルレストレーション(仮歯)を装着し、患者様の満足いく歯の形態に調整していきます。歯の形態が決まったら、型取りをします。型取りの後、仮合わせをして患者様の満足がいく歯に仕上がっていたらいよいよ出来上がりです。

オールセラミッククラウンの特徴
オールセラミッククラウンの特徴

(5)出来上がりです。自然できれいな歯に仕上がりました。

  • ラミネートベニア

歯の表面を少量削って(通常エナメル質の範囲内で0.5mm〜0.7mm程度)、薄いセラミックを貼り付けることで、色調や形態、隙間や歯並びを整える方法です。2,3回の来院で非常に自然で美しく仕上がります。

  • 症例1
ラミネートベニア

(1)術前の状態です。
隙間が特に気になります。

ラミネートベニア

(2)仮に仕上がりをチェックします。

ラミネートベニア

(3)歯の表面を薄く削ります。

ラミネートベニア

(4)きれいに仕上がりました。

  • 症例2
ラミネートベニア 症例2

(1)下の前歯の色と形が気になります。

ラミネートベニア 症例2

(2)きれいに仕上がりました。

  • ジルコニアについて

ジルコニアは人工ダイヤモンドとして有名ですが、現在歯科領域では、究極の審美性素材として大変注目されています。


  強度 審美性  
金属 ×  
レジン樹脂 摩耗と変色が起こりやすい
セラミック 固いが、強い衝撃力で割れる。
ジルコニア  

ジルコニアの特徴

  • 生体親和性が高い生体材料。(プラークも付着しにくく、金属アレルギーも起こらない。)
  • 光が透過する審美材料。
  • 金属と同様に硬い、丈夫な材料。
  • 変色がなく、金属と比較して軽い素材。

どのような場合、ジルコニアを使用をした方がいいか?

従来のオールセラミッククラウンでは、ブリッジ等数本以上連結してかぶせる場合、強度の問題で適応できませんでした。その点ジルコニアは、金属と同様の強度を持っている素材なので、大きなブリッジ等の場合も美しい仕上がりの治療が可能になりました。インプラントの場合もよりきれいに治療可能となりました。

インプラント治療前
インプラント治療中
インプラント治療後

インプラント治療前

インプラント治療中

インプラント治療後



e.maxシステムを導入しました


 
従来のセラミックスは粉を築盛にして焼き上げていました。本システムは冠全体を一塊とし作り上げているため、従来の3倍程度の強度があります。特に、臼歯部などでもセラミックスを破竹する心配が少なくなっています。


特徴
  • 変色しない。
  • 天然歯の色調を再現出来る。
  • プラークが付着しにくく、歯肉にやさしいので理想的な歯肉の形態を作りやすく、より自然な仕上がりになる。
  • 従来に比べ約3倍程度の強度がある。
     

e.maxシステムでの冠製作


  患者様の冠のろう型を作ります。
     
  インゴットと言われるe.maxプレスで使用する素材と、冠の鋳型です。
     
  型枠に上から押さえとなるものを入れます。
     
  焼き上げていきます。
     
  焼きあがった後の状態です。
     
  それぞれに色付けしたものです。
     

e.maxシステムでの症例


  • 症例3

(1)前歯の色、形が気になります。

(2)emaxシステムを用いて綺麗に仕上がっています。

  患者様の希望で色は白めにしています。

治療後X線写真

Page Top

TOP診療について審美歯科歯周病PMTC唾液検査
メインテナンスドライマウスクリニック案内FAQインプラント竹田歯科医院【熊本】ブログ
ご予約・お問い合わせは下記番号からお願いします。 0965-31-0550
熊本県八代市松江城町4-32【八代城跡となり】
診療時間表
休診日:日曜日・祝日 ※午前の受付は12:30まで、午後の受付は18:00までとなります。

熊本の歯科・歯医者【竹田歯科医院】 インプラント 審美歯科 歯周病 PMTC ドライマウス 等、お気軽にご相談ください。

Copyright(C)竹田歯科医院【熊本】 All rights reserved.